国木田独歩生誕150年イベント

田布施町にゆかりのある国木田独歩さんの生誕150年記念行事が行われます。

国木田独歩さんは、山口県にゆかりのある近代文学者です。

山口県に住んでいた時期は少ないのですが、田布施や柳井の風景が出てくる作品が多くあります。

 

馬島が舞台になっている「酒中日記」をはじめ、「帰去来」に田布施の各地が出てきているそうです。

明治時代を生き、わずか36年の生涯であった国木田独歩さんですが30もの作品を残されています。

国木田独歩さんに想いを馳せる1日はいかがでしょうか?

 

このイベントのオンライン配信をします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA